財団法人求人サイトランキング

財団法人の転職を成功させるポイント

財団法人への転職をお考えの方に必読の情報をまとめています。給料相場や福利厚生などの基礎的な情報はもちろん、所轄ごとの特徴もご紹介しています。

求人を探す際にはリクルートエージェントに代表される転職サイトのご利用をすすめします。ハローワークにはない情報を知る事が出来ますし、何より求人の質と量が違います。登録・利用に費用はかかりらないのも魅力です。

財団法人の求人が多数!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細
マイナビエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細
DODA
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
オススメ度 ★★★★
公式サイト 詳細
type
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
オススメ度 ★★★★
公式サイト 詳細
キャリコネ
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
オススメ度 ★★★★
公式サイト 詳細

財団法人に就職するためには?

財団法人といえば以前は公益目的が主な公益財団法人のことでしたが、公益法人制度改革で2008年12月からは公益目的でなくとも一般財団法人が設立できるようになりました。またそれまでの特例民法法人も一定の手続きを経れば、一般財団法人へ移行できるようになりました。そのため現在は財団法人にも公益性が求められる公益財団法人と、事業目的に公益性がなくても設立できる一般財団法人とあります。

そもそも財団法人とは特定の個人や企業などの法人から提供された、基本財産で設立された法人格の財団のことです。これまでは公益財団法人などは提供された基本財産の、金利などを主な運用益として運営されていました。例えば私たちの身近な財団法人としては、1925年に設立された日本相撲協会があります。

日本相撲協会は公益法人としての法人格がある特例民法法人で、相撲競技の指導や普及や相撲の伝統や文化の保持を名目上の目的としている財団法人です。特例社団法人と同じ特例民法法人は法の改正で2013年11月30日までにすべて、一般財団法人か公益財団法人か株式会社にするか、または解散のいずれかを選択しなければいけなくなりました。

日本相撲協会は近年では八百長疑惑や力士の暴行死事件や、横綱朝青龍の廃業など数々の不祥事が明るみになりニュースにもなりました。公益法人でありながら日本相撲協会は全国で行う相撲興行の収入や、NHKからの放送料など営利的な一面も持っています。また公益法人の場合は一定の要件を満たせば、寄附金は税額控除の対象となることからその体質が問われています。

また財団法人といえばよく役人の天下り団体のように報道されることもありますが、実際にはサントリー文化財団やブリジストン美術館などのように企業が文化振興や学術研究などを目的に設立した財団法人もたくさんあります。これらの財団法人に就職するためには当然のことですが、求人情報の収集が必要になります。

ハローワークなどでも財団法人の求人情報を目にすることがありますが、リクルートエージェントやDODAなどの転職エージェントで探したほうが早くて確実です。それだけ財団法人も優秀な人材を求めているわけで、就職や転職もエージェントを通じて行う時代なのかもしれません。また転職エージェントであれば自分の希望をしっかりと伝えれば、後は自分で探さなくても転職エージェントの担当者が全部やってくれるから便利です。


Copyright (C) 2016-2017 財団法人求人サイトランキング All Rights Reserved.