財財団法人の面接のコツ

財団法人求人TOP >> 財団法人の職探しの基礎 >> 財団法人の面接のコツ

財団法人の面接のコツ

財団法人にも公益財団法人と一般財団法人とあり、公益財団法人は文字通り公益を目的とする23の事業に限定されます。例えば学術や科学技術や、文化など芸術の振興を目的とする事業などです。この他にも高齢者の福祉の増進を目的とする事業や、児童や青少年の健全な育成を目的とする事業なども公益財団法人です。

このように公益財団法人として設立できるのは公益を目的とする事業のみが対象で、尚かつ不特定の多数の人の利益の増進に寄与するものに限られています。信頼度が高い公益財団法人を設立するためには従来の財団法人から移行するか、一般財団法人を設立してから移行するかのいずれかになります。

公益財団法人は公益性があるという役所のお墨付きを得られるわけですから、法人の設立登記を行った後に行政庁に対して公益認定の申請をしなければなりません。公益認定の申請を受けた行政庁は18に及ぶ公益認定基準に照らし合わせて、その法人が公益財団法人として相応しいかどうかを諮問し認定するかどうかを決めます。

この審査結果を受けて初めて公益財団法人として認定されることになり、公益性が認定されれば公益財団法人という文字を使うことができます。そのため社会的にもとても高い信頼を得ることができるだけでなく、税の面でも優遇措置を受けることができます。それに対して一般財団法人は公益目的でなくとも、2008年12月より施行された公益法人制度改革で一定の手続き及び登記さえ経れば、行政庁の許可を得なくても誰でも設立することができます。

ただし必ず法律上は名称の一部に一般財団法人という文字を入れなければならず、一般の株式会社と同様に全ての事業が課税対象となります。財団法人の面接のコツですが、公益財団法人と一般財団法人とでは、多少は志望動機が違ってきます。例えば公益財団法人の国際相互理解の促進や開発途上にある海外の地域に対する経済協力を目的とする事業や、地球環境の保全や自然環境の保護や整備を目的とする事業に就職や転職をしたい場合と、一般財団法人とでは志望動機も異なってきます。

一般財団法人の面接の場合は普通の会社や企業の面接の場合と同じと考えても構いませんが、公益財団法人の面接の場合は何故その公益財団法人で働きたいと思っているのか、志望動機をしっかり人事担当者へ伝えることが大事です。もし財団法人の面接に不安があるのであれば、リクルートエージェントなど転職エージェントに登録して、転職エージェントの担当者に相談されるのが1番安心だと思います。

財団法人の求人が多数!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2016-2017 財団法人求人サイトランキング All Rights Reserved.