財財団法人の中途採用

財団法人求人TOP >> 財団法人の職探しの基礎 >> 財団法人の中途採用

財団法人の中途採用

全国に多くの財団法人がありますが現在は公益財団法人と、一般財団法人の2種類の財団法人が存在しています。また同じ財団法人でも一般の企業のように利益を求めない公益財団法人と、高齢者の福祉の増進や児童や青少年の健全な育成を目的とする公益財団法人ではその事業内容も違います。また財団法人によって予算や人員数や、管轄も官公庁の場合や地方自治体の場合や民間企業の場合もあります。

事業内容や規模もさまざまで千差万別ですが、その多くは職員の数が30〜40人以下の小さい財団法人がほとんどです。そのため職員の数が2013年4月の時点で142人の一般財団法人の海外産業人材育成協会のようなところであれば、基本的に新卒採用を行い必要な時だけ中途採用を行う財団法人もあります。

この海外産業人材育成協会は2012年3月30日に海外技術者研修協会と海外貿易開発協会が合併した一般財団法人ですが、その事業内容は主に開発途上国の産業人材を対象とした研修や専門家の派遣などの技術協力を推進する人材育成機関です。もともとの設立は1959年8月10日で基本の財産は7.1億円で、事業規模は2013年度予算額は約85億円で、その内訳は研修の220コースが5,300人で専門家の派遣が330人でした。

事業所は国内の拠点として都内の東銀座と北千住で、研修センターは東京と大阪市と愛知県の豊田市にあり、海外の拠点としてはバンコクとジャカルタの2ヶ所にあります。2012年度までの累計実績人数は受入研修者数が170,647人で、専門家の派遣数が7,486人で海外研修数が 192,727人で海外インターンシップ派遣数が519人です。

海外産業人材育成協会で行っている具体的な事業内容としては留学生のためのビジネス日本語や、インドネシアやフィリピンの看護師や介護福祉士候補者の受入研修事業や中小企業の海外高度人材育成確保などの支援事業です。海外産業人材育成協会など財団法人で行っている中途採用は、その財団のホームページでしか応募をしていないところもあります。

またなかにはリクルートエージェントなどの、転職エージェントでしか中途採用の募集をしない財団法人もあります。もし中途で応募したい財団法人があれば転職エージェントに登録して、中途採用を行っているかどうか確かめてみてはいかがでしょうか。もしその財団法人が中途採用を行っていなくても、転職エージェントの担当者が他の同じような財団法人の求人を紹介してくれるはずです。

財団法人の求人が多数!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2016-2017 財団法人求人サイトランキング All Rights Reserved.