財財団法人を辞めたい時

財団法人求人TOP >> 財団法人の職探しの基礎 >> 財団法人を辞めたい時

財団法人を辞めたい時

財団法人の業務内容によっても異なりますが、25歳から49歳までの離職率は平均すると数%で、全体的にも10%以下でとても低い数値になっています。一方同じ年齢条件の一般企業における離職率を見ると、男性が約15%で女性が21%ですから、その差がとても大きいことが理解できます。しかし共通して言いえることは、20代の若年層の数値がやや高めで、30歳を過ぎると離職率は低くなっているのです。

いずれにしても様々な人がいろいろな理由から、財団法人を辞めたいと考えるのですが、大きな理由は期待と現実のギャップといえます。具体的には、考えていたよりも激務だった、閉塞感が強い人間関係に疲れた、理不尽なクレーム対応などが大きなストレスになった、給与が低いなどです。しかし、財団法人という狭き門を乗り越えて就職したのですから、財団法人を辞めたいと思った時には、安易に行動へ移すのではなくて再度よく検討する必要があります。また、その時にポイントを押さえて考えると、どのような転職先を探せば良いのか、どのような行動をとるべきなのかなどが見えてきます。

財団法人を辞めたい時には、まずはなぜ辞めたいのか理由を、優先順位の高い順に整理してみることで、納得いく転職をすることにつながります。また、そのように理由を深く掘り下げて考えていくと、辞める判断はいまではないと気付く可能性も考えられるのです。次に、先輩たちの退職理由や転職実例を参考にして考えてみることも必要なことで、実体験から転職の具体的なイメージを膨らませられます。転職に成功した人ばかりではなくて、転職したことを後悔している人もいて、そのネガティブな要素も考える際には加味する必要もあるのです。このように退職理由を考えたり、先輩の実体験を参考にしたりして検討した時に、まだ転職するほどでもないと判断したのなら、信頼できる上司などに相談してみるのも一つの選択肢です。そうすることで、退職理由になっていたことを解決する糸口が見つかる可能性がありますし、今後も働くための前向きな理由が見えてくることも考えられます。

ただし転職を考える際には年齢を考慮することも大切で、辞めると判断して行動に移すのなら、若いほどチャンスは拡がることも確かです。どのような職場を選択するのかは分かりませんが、いずれにしても40歳を超えると転職先は少なくなると考えた方が正解といえます。人生の大きな決断になりますから、選択は慎重に判断する必要がありますが、決断したのなら早く動くことが得策です。

財団法人の求人が多数!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2016-2017 財団法人求人サイトランキング All Rights Reserved.