財財団法人の福利厚生

財団法人求人TOP >> 財団法人の職探しの基礎 >> 財団法人の福利厚生

財団法人の福利厚生

財団法人の福利厚生ですが全国にはさまざまな財団法人があり、その福利厚生も一概ではなく千差万別です。例えば在日外国メディアなどを対象に専門家や政府関係者を招いてブリーフィングや、日本各地へのプレスツアーの企画や実施を行っている公益財団法人のフォーリン・プレスセンターでは英文の翻訳者や校閲者の募集をしています。

その応募条件や福利厚生を見ると大卒以上で極めて高い英語力が必須で、日系企業や団体などの和文英訳の翻訳の実務経験が5年以上ある方と記載されています。福利厚生に関しては交通費が月に上限5万5000円まで実費支給され、雇用保険と労災保険があるとだけ書かれています。完全週休2日制で休暇は有給休暇に夏期休暇と年末年始休暇があり、試用期間として3ヶ月間ありますが給与は年収で300万円〜350万円です。

他には鳥取県で農地や山林など自然環境の保全や活用に関する事業や、農林産品及び特産品の開発や振興や販売に関する事業を行っている一般財団法人のエナジーにちなんでも、農林業の後継者育成や独立支援のために農林業研修生の募集をしています。具体的には農業か林業を選択でき、基礎研修や実務研修や独立などのカリキュラムがあり研修期間は1年以上で最長で2年間になっています。

例えば農業の実務研修の場合は水稲や野菜の栽培と出荷販売を行い、林業の実務研修の場合は新植や枝打ちや間伐の指導などを行います。また独立を希望する場合は、農業は農地を格安で購入できたり賃借することができ、林業は林業関連会社の紹介を行っています。応募資格は意欲のある方であれば、学歴不問で給与は月給12万円です。福利厚生としては社会保険が完備されていて、公社規定による通勤手当や住居手当の支給です。

また累計志願者数が3,000万人を超えている漢検を主催している公益財団法人の日本漢字能力検定協会でも、検定問題の作成・編集・採点などを行う新卒の総合職の募集をしています。初任給は2013年4月の実績で月給22万5000円で、福利厚生としては雇用保険・健康保険・厚生年金保険・労災保険などの社会保険が完備されていて、その他に退職金制度と福利厚生サービスがあります。

このように同じ財団法人でも、その福利厚生にはかなりの違いがあります。もし財団法人の求人で福利厚生が充実しているところを探すのであれば、リクルートエージェントなどの転職エージェントで探すのが1番早道で確実です。

財団法人の求人が多数!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2016-2017 財団法人求人サイトランキング All Rights Reserved.